病院の紹介

病院長の挨拶

 当院は、昭和初期に80床の「脳病院」(現在の精神科病院)として開設致ました。

 当時は麻薬などの薬物依存の患者さまや、自殺未遂者、行き倒れの方などが多く搬送されていました。その後、昭和34年と平成2年の2度の増改築を経て、慢性期の統合失調症の患者さまの入院治療を中心に永年治療を行って参りました。薬物療法の治療成績向上に伴い、高齢者や障害者が他の人々と共に暮らす社会がノーマルであるとする考え方が浸透し、患者さまの入院治療中心から、退院されて地域での生活を援助していく形へと、治療のスタイルが変化していきました。

当院も平成5年よりデイナイトケアを開始し、平成13年10月には医療と福祉の複合施設「メンタルヘルスひじやま」を開設し、この施設と連携を組みながら、患者さまの地域での生活をサポートできるよう努力して参りました。


 この度、広島市東部段原再開発事業に伴い、
             平成23年2月1日に移転、新規オープン致しました。
 新病院では、時代のニーズに応えてストレスケア病棟を新たに設け、病棟の機能分化を図り専門技術の向上に努めていきたいと思っています。また、看護師・心理士・精神保健福祉士・作業療法士など他職種間の連携を強化し、チーム医療を実践して医療の効率化を図り、職員一同と共に患者さまへのケアを充実させて地域に開かれた病院を目指して参ります。

病院の理念


「良質な医療サービスを提供し、家庭的で、地域に開かれた病院を目指します」

病院の方針

1.患者さんの人権を尊重し、患者さんが安心して過ごせる温かい環境作りに努めます。

2.全てのスタッフが専門職としての誇りを持ち、チーム医療の実践に努めます。

3.知識と技術の向上に努め、良質で効果的な医療の提供を目指します。

4.地域社会との連携を図り、患者さんの社会復帰を支援します。

看護部の紹介

 当院は、昭和4年に開設された長い歴史の中で「家庭的で、地域に開かれた病院」の理念に基づき、医師、看護師、コ・メディカルなどがそれぞれの専門知識を生かし、チーム医療を充実させ、地域に密着した看護・医療サービスをめざしています。

 看護部は、その尊い理念を受け継ぎ、心のかよう看護、介護の提供に尽くすとともに、看護の質の向上に努め、また、患者さまが当院で治療してよかったと、心からそう思える頼りになる看護、介護を提供したいと思っています。

看護部の理念

スローガン 「心により添う看護」


看護部の方針

1.私たちは、患者様の命の尊厳と人権を尊重し、
                   優しさと思いやりのある看護を行います。

2.私たちは、患者様に安全で、安心・信頼される看護、介護を提供します。
 
3.私たちは、自己研鑽に努め、豊かな人間性と
                   倫理観を持ち、個別的な看護を行います。

4.私たちは、患者様に地域との連携を図り、
             より良いチーム医療を推進し自立への援助を行います。